「ZIPAIR」JALの中距離LCCの名前が判明

JAL, LCC, ZIP ZIR

去年2018年に設立されたJALの中距離LCCエアラインですが、まだ発表されていないエアライン名が、ドメインの届出からスクープされました。

こんにちは、レセピです♪今回はJALのLCCについて解説します。

スポンサーリンク

JALのLCC名はZIP AIR

ZIP =ビューン、勢いよく、迅速に

旅行情報サイト「トレイシー」がスクープした、今回のJALのLCC「ZIP ZIR」、さらっと聞くとZIP AIRって違和感ないのですが、JALのエッセンスは全く感じない名前になりましたね。

最初、ZIP AIRと聞いた時に最初に浮かんできたイメージはLCCなので圧縮、詰め込む?という意味で受け取れましたが、ZIPの本来の意味は、ジッパー(チャック)という意味合いだけでなく、勢いを表現する意味合いもあります。

今回のZIP AIRはただのジョークの可能性は無くはないですが、JALからの正式な発表が楽しみです。

 

機材や運行路線

機体

既存のボーイング787型機2機をエコノミークラスを横9席などに改修し利用予定で

さすがにLCCなので、横9席仕様になりそうですね。欧米路線での利用時は修行になりそうですね♪

 

路線・スケジュール

アジアや欧米線などを中心に2020年夏スケジュールから運航を開始

ぜひ、ロンドンやニューヨーク線へ飛ばしてもらいたところです。個人的に一番気になるのは、機内販売のカップラーメンがいくらになるのかです。アジアのLCCでも800円近くで販売しているところもありますが、長距離線の日系LCCだといくらになるのでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい

Posted by レセピ