【機内食レビュー】LCCスクート (Scoot) 関空〜ホノルル|ついにハワイ往復2万円代の時代に

2018年2月14日ハワイLCC, スクート, 機内食

2017年12月に大阪・関空〜ハワイ・ホノルル間に就航開始したLCCのスクート (Scoot) 。就航開始セールがあった2017年10月に航空券を購入し、初のハワイ・ホノルル旅行へ行くことができました。

こんにちわレセピです♪ 今回はスクートの大阪・関空〜ハワイ・ホノルル便の機内食レビューです。

就航アナウンスから航空券購入まで

【これまでのスクート関連の記事】

→【速報】スクート、関西ーホノルル線の就航を申請

→年末年始ハワイ18,800円で購入!スクートの予約方法を解説

→【搭乗レビュー】LCCスクート (Scoot) 関空〜ホノルル|ついにハワイ往復2万円代の時代に!

LCCキャリアでは既にエアアジアが大阪・関空〜ハワイ・ホノルル(以下関空〜ホノルル)間に就航していますが、2017年12月からはスクートも同区間に就航する事で今まで以上にLCCの選択肢が増えました♪

2017年10月に就航前のセールが行われ、航空券18800円+クレジットカード手数料1600円の合計20400円で購入することができました。

スクート予約方法手数料

2名で往復総額40800円と激安ですね♪

オークションでスクートビズ(ビジネスクラス)へのアップグレード成功

ハワイは往路約7時間台、往路9時間台と比較的長距離のフライトの為、お得な料金でスクートビズへアップグレード可能なオークションを利用しスクートビズへアップグレードしました。

→Scootビジネスクラスへのオークション入札方法を解説

 

スポンサーリンク

機内食メニュー

スクートビズ利用時はミールとドリンクが1つずつ無料(プレミアムセレクションなどを除く)で選択できます。もちろんアルコールも選ぶことができます♪ホットミールからインスタントヌードルなどの軽食も幅広くラインナップされています。

私が特に気に入ったのがホットミールと一緒についてきたリッタースポーツミルクチョコです。海外のチョコレートはかなり甘いのが一般的ですが、甘さ控えめでボリュームもあるのでオススメします♪

ホットミール・軽食

ドリンクメニュー

セットメニュー

 

物足りないボリューム

私はマッカーニチキンとバスマティライスとアサヒビールを選択、通常価格はマッカーニチキンとバスマティライスが12シンガポールドル、アサヒビールが8シンガポールドルで日本円にすると約1600円程度と極端に高くはないようです。

オーダーから10分程度でマッカーニチキンとバスマティライス、アサヒビールが運ばれてきました。

オレンジのパッケージはリッタースポーツミルクチョコ甘さ控えめでボリュームもあるのでオススメします♪

 

写真では伝わりにくいのですが、かなり量が少なかったです。普段あまり私は食べない方なのですが、食べ終わった後でもお腹が空いてしまいました。ただいつも私は機内では食事しないのでちょうどよかったかもしれません♪

スクートは食べ物や飲み物(水も)の機内持込み禁止

スクートは食べ物や飲み物を機内へ持ち込むことを禁止しています。JALやANAなどのレガシーキャリアと呼ばれる航空会社では水は無料で提供されますが、スクートでは水(エビアン)も購入する必要があります。

機内での水分補給は非常に重要でエコノミー症候群を防ぐためにも十分な水分補給が推奨されています。スクート機内では水は有料になってしまいますが、積極的に水分摂取することを心掛けたいたいですね。

第一ターミナル北ウィング43番(11番ゲート付近)

私レセピがよく利用する関西空港には第一ターミナル国際線搭乗ゲートフロア11番ゲート付近にファミリーマートがあり、LCC利用時は出発前までに水を購入するようにしています。うっかり?水を持ち込んでしまったこともありますが、そんな時はこっそりと水を飲むようにしています。

おわりに:エキゾチックな機内食で休暇モードに

海外旅行をする際はほとんどの人が飛行機を利用しますが、機内で頂く機内食は航空会社により様々なバリエーションがあります。

今回レビューしたスクートの機内食も東南アジアのスパイスが効いたエギゾチックなメニューでした。値段は機内ということもあり割高ですが、味は比較的良くまた次回搭乗時もオーダーしようと思います。

旅のスタートとなる機内食を頂いてホリデーモードを盛り上げたいですね♪

▼ハワイへの航空券・ホテル検索はこちら▼
【航空券+ホテル】海外旅行エクスペディア★パッケージツアー

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい

Posted by レセピ