スクート関空〜ホノルル線が運休、王者エアアジア1社体制へ

エアアジア, 格安航空券, 大阪ーホノルル

2019年春に路線運休が決定した、スクートの関空〜ホノルル路線。今後はLCCのアジア王者エアアジアとの一人勝ちとなるのでしょうか。

こんにちは、レセピです♪今回はスクートの関空〜ホノルル路線運について解説します♪

スポンサーリンク

関空〜ホノルル路線運休の詳細

2018年の年末年始に私レセピも搭乗した、LCC(格安航空)のSCOOT(スクート)ですが、この関空〜ホノルル路線を週4便で運行し、アジアのLCC王者エアアジアは毎日フライトを飛ばしています。

LCC以外にもレガーキャリアで日本航空、デルタ航空、ハワイアン航空が就航しているのでLCC2社を加えると5社体制になりかなりの座席数が確保されている状況です。

 

運休日

〜2019年5月末で運休

運行開始から約1年半での撤退となりますが、レセピが実際に搭乗した2018年の年末年始はガラガラの状況で心配していましたが、やはり今回の運休発表となり非常に残念です。

→【搭乗レビュー】LCCスクート (Scoot) 関空〜ホノルル|ついにハワイ往復2万円代の時代に

 

2019年6月以降の関空〜ホノルル線のスケジュール

便名/航空会社出発到着所要時間運航日機種詳細
HA450
ハワイアン航空
20:4509:458時間0分毎日A330-2002019/05/24〜
DL278
デルタ航空
21:0010:098時間9分毎日767-300 (WL)2019/05/29〜
21:0010:098時間9分毎日767-300 (WL)2019/06/30〜
JL792
日本航空
22:1511:208時間5分毎日787-92019/06/01〜
D71
エアアジア・エックス
23:2512:308時間5分毎日A330-3002019/04/01〜

2019年6月〜から、LCCはエアアジア1社体制となり、航空券の価格が上昇することが予想されます。

スクートが運行していた時は、エアアジアも似たような価格で販売されていることが多々ありましたが、今後はあまり期待できません。

 

おわりに:LCCは王者エアアジアの一択に

アジアのLCCではエアアジアが圧倒的な王者ですが、今回のスクート関空〜ホノルル路線運休決定で、この路線ではLCC一社となり今後もこの状態が続きそうです。

スクートの機内食のサイズが小さいのに価格が1500円以上するを除き、個人的にはエアアジアよりスクートが好きだったので運休決定は残念です。

今後関空〜ホノルルのLCC利用時は、エアアジア一択になり、はっきりとレガシーキャリアと利用層が分かれそうです。逆にLCCが一社になった方が安いやつ=エアアジアと消費者にとってはわかりやすいかもしれませんね♪

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい

Posted by レセピ