年末年始ハワイ18,800円で購入!スクートの予約方法を解説

2017年10月8日ハワイ, スクート, 購入方法

LCCキャリアのスクートは、キャンペーンでハワイ行き往復航空券を1万円台で販売するなど、従来のレガシーキャリアの半額以下で航空券が販売されることもあります。

こんにちはレセピです♪LCCキャリアのスクートの詳しい予約方法を解説します。

予約方法の詳細

大阪・関西〜ホノルル間の就航キャンペーン中に実際に航空券を購入しました♪

購入時にはいくつか注意点がいくつかありますのでまた後ほど紹介しますね。

→ホノルル就航!スクート2017年12月19日から関空〜ホノルル運行開始へ

 

スクート予約方法手数料

公式スクートホームページ

出発地、到着地、日時、旅行者数を入力後、フライトを検索!を選択

 

スクート予約方法手数料

スクート予約方法手数料

エコノミークラス希望なのでエコノミークラスを選択

往復18800円と激安ですね。LCCではありませんが同日のJALの航空券価格は398000円でした。

 

スクート予約方法手数料

注意事項を確認後、赤枠内へティックし次へを選択

 

スクート予約方法手数料

 

スクート予約方法手数料

スクート予約方法手数料

スクート予約方法手数料

搭乗者情報を入力後希望するオプションを選択、座席を指定するを選択

今回私はセールでの購入なので、少しでも早く座席を購入するためオプション類の選択はしませんでした。

 

スクート予約方法手数料

スクート予約方法手数料

 

座席指定を行う場合は、希望する座席を選択

 

スクート予約方法手数料

 

スクート予約方法手数料

スクートはカード払い限定のため、カード情報を入力し購入を選択

カード支払いには手数料として1600円発生します。カード払い限定にも関わらず手数料が発生するのは残念ですね。

 

スクート予約方法手数料

以上で予約完了です♪

その後24時間に予約完了メールが到着します

 

購入後に気づいたのですが、チェックインバックのオプションは選択していないのですが、なぜか40kgのチェックインバックのオプションが自動的に選択されていました。

スクート予約方法手数料

購入時に行われていたキャンペーン特典?なのでしょうか。40kgと記載されていますね、少し得した気分です♪

セール購入時の注意点

 

スクート予約方法手数料

通常、希望する日程の空席を確認後に搭乗者情報や支払い情報を入力する流れになりますが、実際に席が確保されるのは支払いが完了した後です。

そのため、オプションの選択や座席指定に時間がかかってしまうとその間に空席がなくなってしまう可能性が高いです。

セールでの航空券購入時は座席指定などのオプション類は航空券購入後に行い、できるだけ早く支払いを完了させましょう♪

オークション入札でビジネスクラスにアップグレード

スクートのビジネスクラス・スクートビズ(以下ビジネスクラス)は搭乗1区間ごとにオークション形式でエコノミーからビジネスクラスへのアップグレードを行っていているので中長距離便へ搭乗時にはより快適に時間を過ごす事ができます♪

→Scootビジネスクラスへのオークション入札方法を解説

おわりに:購入前の価格チェックは慎重に

今回私が購入した関西・大阪〜ホノルル間には同じLCCのエアーアジアも就航しています。そのため、今後はスクートとエアアジア2社の航空券価格を慎重に比較する必要があります。

どちらかというと私はエアアジアが好きなのですが、その理由が機内食のボリュームです。スクートの機内食はエアアジアと比較するとかなり小さいです。

ただ、スクートは機材が最新のボーイング787を利用しているので、客室内の湿度や開放感などエアアジアよりも快適に過ごせます。

今後は航空券の価格はもちろん、両社のメリットやデメリットを比較して賢く利用したいですね♪

▼ハワイへの航空券・ホテル検索はこちら▼
【航空券+ホテル】海外旅行エクスペディア★パッケージツアー

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

Posted by レセピ