シンガポール航空、A380新ビジネスクラスを発表

2017年11月2日新ビジネスクラス, シンガポール航空A380, リニューアル

シンガポール航空はA380の新ビジネスクラスを発表、リニューアルされたビジネスクラスは旧ビジネスクラスより座席幅が3インチ減少しましたが、新レイアウト採用で今まで以上に快適な空間が確保されました。

こんにちわレセピです♪今回は新たにリニューアルされたシンガポール航空A380の新スイートクラスを紹介します。

スポンサーリンク

シンガポール航空A380、新ビジネスクラス

→公式シンガポール航空A380サイトはこちら


本日2017年11月2日に発表された、シンガポール航空A380の新ビジネスクラスを搭載した機材の初フライトは、2017年12月18日(SQ221/SQ232) からシドニー線へ導入予定。

また今回のビジネスクラスのリニューアルと同時にスイートクラスとエコノミークラスもリニューアルされました。

→シンガポール航空A380新スイートクラス

サイドボードがカーブしたデザインで、シートを水平にした時にプライバシーが保てそうです

フルフラット(完全な水平)はもちろんのこと、中央座席の一部は隣り合う2席をダブルベッドとして利用することもできます。

ハイビジョン画質の18インチディスプレイ

AC電源、USBソケット搭載

引用:シンガポール航空HP

新ビジネスクラスの座席レイアウトは今までと同じ1-2-1で、座席幅は25インチ(B777やA350よりも3インチ狭い)、シートピッチは78インチ(約198cm)

シンガポール航空A380ビジネスクラス

現行のビジネスクラスシート

旧型のビジネスクラスシートよりも横幅が3インチ狭くなりましたが、新デザインシート採用で体感的に変わらない(シンガポール航空プレス発表)とのことです。

おわりに:旧型ビジネスクラスより狭くなった新ビジネスクラス

今回発表されたA380ビジネスクラスですが、旧型ビジネスクラスと比較すると座席幅が3インチ狭くなり、実質的な占有スペースは狭くなりました。

個人的には旧型ビジネスクラスのデザインの方が好みですが、今回発表された新ビジネスクラスシートも機会があればぜひ利用してみたいと思います♪

→シンガポール航空、A380新スイートクラスの記事はこちら

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい

Posted by レセピ