【特典航空券の発券手順】ユナイテッド航空・マイレージプラス

2017年10月29日ユナイテッド航空, マイレージプラス, 特典航空券の利用方法

ユナイテッド航空のマイレージプログラム、Mleage Plus(マイレージプラス)。日本からオセアニア地域への特典航空券の必要マイル数が低く私も何度も利用しています。

こんにちわレセピです♪

今回はマイレージプラスの特典航空券の利用方法を写真付きで解説します。

ユナイテッド航空・マイレージプラスの特典航空券の発券手順

冒頭でもお伝えしましたが、マイレージプラスのオセアニア地域への必要マイル数は他の地域と比較すると低く設定されているので私も何度も利用しています♪

ユナイテッド航空・マイレージプラス関連の記事

→ 【必要マイル】ユナイテッド航空・マイレージプラス特典チャート

→  タヒチ往復25000マイル♪ユナイテッド航空の特典航空券がお得

→【2017年改悪】ユナイテッド航空・特典航空券の必要マイル数変更に

マイレージプラスのマイルを利用した特典航空券の発券方法

今回は片道発券、大阪・関空ーニュージーランド・ウェリングトン間のルートを検索してみます♪

ユナイテッド航空マイレージプラス

ユナイテッド航空・マイレージプラスの公式ホームページはこちら

マイレージプラスにログイン後、赤枠内の希望する出発地・到着地などを選択。

 

ユナイテッド航空マイレージプラス

早速、2018年お盆の空席が出てきました♪

全区間シンガポールのビジネスクラスで、関空ーシンガポールーキャンベラ・オーストラリアーウェリングトンというルートです。

搭乗時間とストップオーバーの時間が比較的長めですが、繁忙期のお盆にシンガポール航空ビジネスクラスを利用できるのは魅力的です。

毎年シンガポール航空はこのお盆の時期にA380を関空ーシンガポール線に導入しているので、もしかしたらA380に乗れる可能性もありますね♪

 

早速このルートで実際に発券してみます♪

必要マイル数は4万マイル、諸税15280円とかなり高めですね。オーストラリアのパッセンジャーチャージが8,860円と高額なのが原因のようです。次の画面へは選択を選択

 

ユナイテッド航空マイレージプラス

旅程に問題がなければ次へ、を選択。

特典航空券を予約完了後24時間以内であれば手数料無料でキャンセルできます。

 

united-mileageplus-how-to-book

ユナイテッド航空マイレージプラス

必要事項入力後、次へを選択

 

united-mileageplus-how-to-book

座席選択の画面が表示されていますが、シンガポール航空便の座席指定はできないので支払いへ進むを選択

 

united-mileageplus-how-to-book

アワードアクセーレーターでマイルを購入する場合は追加を選択。不要であれば次のステップを選択。

注:アワードアクセレーターはマイルを購入するサービスですが、マイル単価が非常に高いためおすすめできません。マイルの購入はキャンペーンで100%ボーナスマイルが実施されているときに購入することをおすすめします。

 

united-mileageplus-how-to-book

クレジットカード情報などを入力後、購入を選択

 

ユナイテッド航空マイレージプラス

以上で特典航空券の購入は完了です。おつかれさまです♪

特典航空券を発券後、ユナイテッド航空から届いた確認メールとE-TICKET

 

ユナイテッド

特典航空券を発券するとユナイテッド航空から直ぐに予約確認メールが届き、さらに約1時間以内にE-TICKETも別途メールで届きます。

 

ユナイテッド航空マイレージプラス

予約確認メールが届いてから3分後にE-TICKETがメールで届きました。このE-TICKETを念のため搭乗日に持っていきましょう。

シンガポールーウェリングトン線は今後廃止の可能性も

今回私が発券したシンガポールーウェリングトン路線の機材は777−200が導入されています。最新の機材ではなくリージョナルタイプの機材でアングルフラット座席(180度水平でない)です。

また搭乗率が比較的低い路線のようで、今後廃止になる可能性もあります。最悪路線廃止になってもマイルや諸税は返金されます。

おわりに:発券後のキャンセルも24時間無料は魅力的

今回紹介したマイレージプラスで発券した特典航空券は発券から24時間以内ならキャンセル無料です。

過去に姓と名を反対に入力して発券してしまいかなり焦った経験がある私ですが、マイレージプラスなら発券後24時間以内ならキャンセル無料なので、必要事項を間違って入力してしまった時や予定が変わった時などにありがたい制度ですね♪

Posted by レセピ